アメリカ旅行者必読: Lyftライドシェアでデルタ航空マイルを貯める方法

アメリカ旅行者必読: Lyftライドシェアでデルタ航空マイルを貯める方法

ライドシェアサービスのLyft(リフト)をご存知ですか?北米で事業を展開する企業で、Uberに負けず劣らずの人気があります。

よくアメリカに行く方も、これから初めて行く方も、ぜひ知っておいて欲しいのが今回ご紹介するデルタ航空とLyftの提携キャンペーン。Lyftを利用すればするほど、デルタ航空マイルが貯まる素晴らしい提携です。

ぜひアメリカ渡航前にLyftアプリをダウンロードして、事前連携しましょう!

Lyftアプリのダウンロードから

まずはLyftアプリをダウンロードしてみましょう。

英語での表記のみですが、いたって簡単に登録できます。電話番号あるいはFacebookを使って登録を進めましょう。

長距離ライドでマイルをより獲得

この提携キャンペーンによって得られる特典は以下の通り。

  1. 1マイル(1.6km)乗車毎に1デルタマイル獲得: アメリカ国内に限る
  2. 空港からの乗車で1マイル毎に2デルタマイル獲得: 回数制限あり
  3. 最大20ドルのクーポン獲得: 新規Lyftユーザーに限り

つまり長距離のライドシェアほど、多くのデルタ航空マイルが獲得できます。アメリカ国内の移動にライドシェアは不可欠。渡航前に必ずアプリダウンロードとデルタ航空マイレージサービスSkyMilesとの連携を済ませましょう。

デルタ航空SkyMilesアカウントとLyft連携


デルタ航空・Lyftキャンペーンページからデルタ航空のマイレージプログラムSkyMiles情報とLyftアカウント情報を入力していきます。

SkyMilesに未登録の方は無料登録(日本語ページ)をしましょう。

SkyMiles情報を入力すると続いては、Lyft情報を入力。

非常に簡単にアカウント連携が完了します。

Lyftでライドシェア


リフトは日本語表記がありませんが、いたって簡単に利用できます。

自分がいまいる場所、あるいはピックアップしてもらいたいスポットにピンを落とすか、住所を入力。行き先も同様の方法で設定します。設定完了すると、すぐに所要時間と現時点での乗車料金が表示されます。

急いでいない場合には、Sharedのライドシェアを選択すると安く利用できますし、急ぎの場合は通常のLyftを選択すると、すぐに近くのドライバーが選定されます。

デルタ航空マイルが後日加算


一度連携が完了されると、特にキャンペーンコードなどを入力する必要もなく、デルタ航空マイルが加算されています。

もし心配になった方は、少し時間が経ってからご自身のSkyMilesアカウントを確認してみましょう。

日本ではまだまだ進まないライドシェアですが、アメリカでは利用必須のサービス。渡米時には必ずデルタ航空マイルを獲得しましょう!