【デルタ航空】他社フライトOK!国内線搭乗で年間最大2万マイルを獲得

【デルタ航空】他社フライトOK!国内線搭乗で年間最大2万マイルを獲得

出張者のみならず、大学生からお年寄りまで国内旅行や帰省のために利用することが多い国内線

陸、空マイラーのように毎回ANA、JALと同じ航空会社を利用する人もいれば、都度最安値のLCCフライトを選ぶ方もいるでしょう。

そして現在、デルタ航空がすべての国内線搭乗者に大変お得なニッポン500マイルキャンペーンをひっそりと行っていることをご存知ですか?

(2019年3月3日追記)
2018年も本キャンペーンの延長が決まりました!旅行期間:2018年4月01日~2019年3月31日のフライトについて、申請が可能です!

知っているだけで最大2万ボーナスマイル(最大40フライト分)を獲得できる同キャンペーンについて、今回ご紹介します。

搭乗券は取っておきましょう

皆さんもこの搭乗券を取っておいたら何か良いことがあるのでは?と考えたことがあるかもしれません。

頻繁に出張や旅行で国内線に搭乗する中で、何か利用出来るのでは?と調べたところ、案の定その搭乗券が活用できるキャンペーンをデルタ航空が毎年実施しているではありませんか。

それまでは搭乗後にポケットにしまい、帰宅後にクシャッとゴミ箱に捨てていた搭乗券。

しかし、それが無いとキャンペーンを利用出来ないと知ってからは大事に保管しています。そう、皆さん、搭乗券は必ず捨てずに保管しておきましょう!

取っておくのはどの券?

では実際取っておくべき搭乗券は発券しておいたもの?あるいは搭乗ゲートで渡されるピンクのもの?(ANAの場合)

結論から言うと、いずれでも構いません。詳しくは後述していますが、いずれもフライト情報と搭乗者名が記載されているので有効です。

また保安検査場でもらう黄色の紙(ANAの場合)も有効です。

デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーンとは?

シンプルなネーミングからも読み取れるように、太っ腹なデルタ航空は国内線利用一回につき500ボーナスマイルを提供するという素晴らしいキャンペーンを実施しています。

  1. 対象フライト期間: 2018年4月01日から2019年3月31日
  2. 申請期限: 2019年5月30日必着
  3. マイル獲得上限: スカイマイル・メダリオン会員=最大2万マイル、一般会員=最大5千マイル
  4. キャンペーンは毎年実施されているので、あまり対象期間は気にしなくて構いませんが、申請期限までに対象の国内線搭乗券と共に申請を済ませましょう。

    すべての航空会社・運賃・クラスが対象

    このキャンペーンのすごい所はなんといってもデルタ航空以外の航空会社(ピーチなどのLCCでも)の国内線利用でも申請ができる点。

    他社便しか乗っていなくても、マイルをもらえるというデルタ航空独自の素晴らしい企画なのです。

    すべての定期路線が対象ですが、季節毎にしか飛んでいない離島行きなど不定期路線のフライトは対象外なのでご注意下さい。

    まずは一般会員5千マイル獲得を!

    太っ腹な同キャンペーンも国内線に乗ればのるほどマイルをもらえる訳ではありません。

    デルタ航空マイレージプログラムの「スカイマイル」上級会員資格であるメダリオン会員であれば最大2万マイル(最大40フライト分)を手にすることができます。

    1. シルバー メダリオン
    2. ゴールド メダリオン
    3. プラチナ メダリオン
    4. ダイヤモンド メダリオン

    アメリカの航空会社の中では、ユナイテッドやアメリカン航空よりはるかに評価が高いデルタ航空ですが、日本の方はなかなか乗る機会が少ないのが現実。

    ただ、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを発行するだけで、「シルバーメダリオン会員」にすぐなることが可能です。

    もし定期的に行くアメリカ出張の後に、デルタ航空の国内線でアメリカ国内を旅したいニーズをお持ちの方であれば、持ってもいいカードかもしれません。アメリカに行く機会が少ない方には、年会費12,000円(税別)を払ってまで得る特典ではありません。

    2018年1月9日時点

    ただ年間2万マイルを貯めていき、近い内にデルタ航空の特典航空券利用などを検討される方は、ポイントタウンあるいはハピタス経由でカード申し込みをすれば1,000円分ポイントがもらえます。

    その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

    ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

    より詳しいメダリオン会員特典などはThe Goalさんのブログをどうぞ。

    ということで、まずは無料でこちらからスカイマイル入会を行い、5千マイル(最大10フライト分)を獲得しましょう。

    搭乗後2ヵ月以内の申請マスト

    搭乗券やご搭乗案内を送るだけ、と油断して見落としがちなのがこちら。そう対象フライトは1年間ですが、なんと搭乗してから2ヶ月以内に申請しなければ承認してもらえません!

    そのため、国内線に搭乗したらすぐに申請することを強く推奨します。せっかく誰でももらえるマイルをみすみす取りこぼすのは勿体無いですよね。

    申請方法はFAX一択

    申請方法は至ってシンプルです。

    1. ボーナスマイル加算申請フォームを印刷
    2. 必要事項記入及び搭乗券貼り付け
    3. 03-3505-2721または03-3505-2751へFAX送信

    もしFAXがよほど嫌いでわざわざ海外へ封筒を郵送したい方は、P.O. Box 823 Tsuen Wan Post Office Hong Kongまで郵送して下さい。(全くおすすめしません)

    マイル加算までは搭乗券を保管すべし

    規約ではデルタ航空側でフォーム受領後、6 ~ 8週間後にスカイマイル会員口座にボーナスマイルを加算すると記載があります。

    もし2ヶ月経ってもマイルが加算されない場合は、デルタ航空予約センターまで問い合わせましょう!
    また規約にもありますが、マイルが加算されるまでは搭乗券(半券)のコピーを取っておきましょう。

    万が一、問い合わせを行う際は、KitaLandさんの記事が参考になります。

    マイル加算の確認方法

    マイルが無事加算されたかどうかを申請後1ヶ月ほどしたら確認してみましょう。

    マイデルタページにログインし、”スカイマイルを見る”ボタンをクリックします。

    そこから会員口座ご利用履歴をクリックすると、上記のような日付とマイル獲得履歴が出てきます。

    わたしも今回しっかり10フライト分申請が承認され、マイルが加算されていました。

    さいごに

    本キャンペーンを利用すれば、一般会員でも簡単に年間5,000マイルを貯められます。

    ただ果たしてその使い道は?大変気になったので、良ければこちらの記事をご覧下さい。

    数年続けて貯め続けないとなかなか特典航空券への交換はできませんが、2年続ければ10,000マイルでJTB商品券への交換も可能です。

    さあ、みなさんもタダでマイルがもらえるデルタ航空さんの太っ腹キャンペーンにぜひ参加してみては?

    ぽちっとしていただけたらうれしいです!

    マイレージランキング