【終了済み】民泊体験・Airbnb宿泊でANAマイルを貯めよう!

【終了済み】民泊体験・Airbnb宿泊でANAマイルを貯めよう!

2018年は民泊元年!民泊世界最大手のコミュニティ主導型ホスピタリティ企業のAirbnb(エアビーアンドビー)をはじめ、グレーと言われ続けた民泊サービスが2018年6月15日に合法化されました。

ホテル街に宿泊し、観光名所をただ回るだけの旅のスタイルから、現地のひとと交流し、そこに暮らすように旅をするという新たな旅のトレンドを創出した民泊をぜひ利用してみませんか?

なんとAirbnbがANAと業務提携したことで、民泊ステイをすればANAマイルが貯まるキャンペーンが行われています。今回は、民泊サービスの利用方法と民泊ステイでANAマイルを貯める方法についてご紹介します。


キャンペーン終了済み

2019年3月3日追記

エアビーアンドビー?民泊ってどんなもの?

AirbnbとはIT業界では誰もが知る急成長グローバルテックカンパニー。2008年8月に20代の青年3人が創業し、たったの10年で世界では誰もが知る旅のサービス企業となりました。

日本では知名度は極めて低いですが、なんと訪日外国人の2割以上がAirbnbを利用して、日本国内で宿泊しているというデータもあります。

企業自体は、アメリカではGoogleやFacebookよりも働きたい企業として挙げられ、大変人気がある会社です。一方で、斬新な旅のトレンドを生み出したことで、既存のホテル・旅館業界との摩擦や違法物件トラブルによって、各地で規制の話題が常に上がっている状況もあります。

では、彼らが促進する民泊とはどんなものなのでしょう?

宮本武蔵も愛した民泊


最近、民泊という言葉が話題になっていますが、これは今にはじまったことではありません!

現地のひとの家に住まうように宿泊する、それは大昔から、むしろ昔の方が行われていた行為なのです。

例えば、みなさんもご存知の宮本武蔵は青年時代に関西を修行で旅し、現地のひとびとの家にも泊まったと言われています。当時はお遍路を迎え入れる文化もあり、金銭の授受はケースバイケースでしたが、赤の他人を迎え入れるという行為は比較的日常的に行われていたのです。

テクノロジーが国境を超えて人を繋げた


ではAirbnbをはじめ、民泊プラットフォームの何が斬新だったのでしょうか?

それは、かつてはふらっと家を訪れた人を泊めたり、知り合い経由で他人を自宅に迎え入れていたのに対し、この民泊サービスでは世界のどこにいても、家を貸し出す”ホスト”と宿泊先を探す”ゲスト”をテクノロジーを活用して、繋ぎ合わせているのです。

さらに、そういったサービスは十数年前からありましたが、彼らが優れていたのが、赤の他人を繋げる際に、双方に安心感を与えるというもの。

その最たるものが、相互レビュー。ホテルでは、過去に別のホテルで問題を起こした宿泊者であろうが予約が入れば受け入れます。
しかし、Airbnbでは双方にレビューを残せるので、悪いレビューがあるホスト・ゲストは予約が成立しづらくなり、一方素晴らしいレビューを得ているホストは多くの予約が入り、評価が高いゲストはより多くの宿泊選択肢が持てます。

いわゆる”お客様は神”のコンセプトではなく、悪人は自然に淘汰されるというエコシステムを構築した民泊プラットフォームなのです。

ふれあい民泊から贅沢バケーションレンタルまで

参照元: Airbnbニュースルーム

民泊と聞くと、田舎の古い家の空き部屋に泊まったり、都会のワンルームマンションにこそこそ泊まるイメージが強い方も多いでしょう。

ただ本来の良さは、以下の2点にこそあります。

  • ホスト居住型のふれあい民泊
  • ホテルとは違った贅沢ステイ

現地のひととの交流を楽しむ


参照元: Airbnbニュースルーム

まず一点目は、特に海外旅行で体験してほしい民泊スタイル。

ただ観光で訪れてお店や街中で軽く言葉を交わすだけではなく、プチホームステイ感覚で、現地に住むホストと交流しながら、旅を楽しんではいかがでしょう。

この旅のスタイルは特に欧米のミレニアル世代に大人気で、ノープランで現地を訪れ、ホストのおすすめでお店や旅先を決めるゲストも多くいます。

日本国内では、同じ日本人同士で気恥ずかしさがある方もいるかもしれませんが、ぜひ海外に行く際にはトライしてみては?

贅沢な別荘やヴィラを貸し切りステイ


参照元: Airbnbニュースルーム

旅行中は他人に気を遣わずにゆっくりしたいよという方。ご安心ください。

ホテルとはまた違った、贅沢な宿泊がAirbnbでも体験できます。

しかも、その種類が尋常ではありません。2017年8月10日時点で、全世界での登録物件数が191カ国以上、400万件を超え、お城から高級コンドミニアム、ツリーハウスまで幅広いユニークな物件に宿泊することができます。

個人のホストが運営していることもあれば、しっかりとプロの業者が運営している物件も多く、特にレビューが多いスーパーホストのステータスを持つ人の物件は安心して宿泊することができます。

高級ホテルの宿泊にも飽きてきたいう方は、ぜひAirbnbで普段泊まることが出来ないユニークな物件に宿泊してはいかがでしょう?

暮らすように旅しよう♪キャンペーン

現在、Airbnbで民泊物件を予約するとANAとのキャンペーンでANAマイルが獲得できる「 暮らすように旅しよう♪キャンペーン」が開催中。

2018年11月23日更新: キャンペーン期間延長

  • 2017年11月6日(月)~2019年1月31日(木)23:59までに予約手続き(ホストの承認含む)の完了かつ、2019年2月28日(木)23:59までにチェックアウトの予約
  • エアビーアンドビー宿泊で最大200マイル獲得

    このキャンペーンを利用すれば、Airbnbの予約1件あたり最大200マイルが獲得できます。

    詳細は上記の図の通り、新規利用 + 1泊20,000円以上の予約で200マイル、2回目以降の利用でも、宿泊代金に応じてマイルが獲得できます。

    正直、大したマイル数ではありません。ただ、新しい旅のスタイルを試していく方は、Airbnbで予約をすればするほどマイルがこつこつ貯まっていきます。

    必ずキャンペーンサイト経由で予約を!


    ちなみに、Airbnb予約でANAマイルを獲得するためには、必ずキャンペーンサイトを経由して、予約を行いましょう。

    通常のポイントサイト同様、途中で通信が切れたり、Cookie設定が有効になっていないと、正しく認証がされずマイルの付与が行われませんのでご注意を。

    ちなみにマイルの付与時期ですが、チェックアウトから8週間以内にAirbnb登録メールアドレスに、マイル受け取りURLが届きます。

    そこにアクセスしANAマイレージクラブお客様番号(10桁)を入力すると、1~2カ月以内にマイルが積算されます。
    ※予約を取り消された場合、マイルの積算は行われません。

    実際の受け取りページはこちらの様になっています。

    エアビーアンドビー割引クーポン3,000円分ゲット


    参照元: Airbnbニュースルーム

    ちなみに、Airbnbをはじめて使う方は、初回予約に限りキャンペーンサイトから3,000円分クーポンをもらえます。

    2019年1月31日(木) 23:59までに予約手続き(ホストの承認含む)完了の場合のみ、有効ですので今年のご旅行に利用してみましょう。

    さいごに、やっぱりエアビーって怪しい、、と思う方、ビジネスに関心がある方におすすめなのが、日経BP社より出版されている「Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法」です。

    日本では違法民泊や迷惑な存在と思われがちな民泊ですが、世界中ではビジネスで大成功を収めており、日本政府や東京都も2020東京オリンピックに向けて積極的に促進を図ろうとしているシェアリングエコノミーの一種です。

    利用はしたくなくても、今後ますます勢いを増すこのビジネスは要チェックです。

    ぽちっとしていただけたらうれしいです!

    マイレージランキング